Casa Blanca

葬儀と日常

DEATH

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義

イエール大学で講義された内容の本


今までに無い角度から死を考えるには読む価値があると思いました
 
死に関する考え方に正解はない 

形而上学については省略してあるので哲学書のようでもなく
読みにくくはないです

死を忌み嫌う人達には読んで欲しい本

宗教を越えた死に対する考え方
中でも自殺については 悪いことかそうでないかの論法は
納得する部分もあります 

しかし 自殺で悲しんでいる家族には語るべき内容ではありませんが…

エピクロスは 
あらゆる死はとるに足りないものだ 
と言っています

生まれる前も死後も存在していない時間があるはずなのに
死んで行くことだけ残念がるのはどうなのか?

著者はこの説に納得していません

私は納得しますが…

最終的に答えは出ない死についての事を
新しい論法で考察していく

結論は書かれていません
それは死ななければわからないから

私なりの感想と結論…

毎日ご遺体に接すると
 死は日常と変わりない
眠っているようにも見えるし 語っているようにも感じる

忌み嫌うものでもない
恐い 怖い ものでもない

己の全てを見透かされる様で
畏れを感じる時は有りますが…


死に様は生き様です