Casa Blanca

葬儀と日常

雨のち曇り☁️

今週のお題「雨の日の楽しみ方」

暑くなる前にひたすら拭き掃除

掃除の基本は拭き掃除

拭けば拭くほど気分が良くなる

他人でなく自分がする掃除は 全身から邪気が払われる

後のコーヒーの味わいは この上なく美味しい☕


雨の音が洗い流すものもある

昨日聞いてしまったパワハラ話

真剣に受け止めてしまい、気持ちが重くなっていた

お金がかからず気分が良くなるのは掃除も一つであろう



今日斎場に届いた生花です

f:id:anika12245:20190612121027j:plain


f:id:anika12245:20190612121047j:plain

ハーブティー

f:id:anika12245:20190610094118j:plain

鎌倉の友人宅から見える長谷の海

紫陽花はまだ見頃ではありません

どんよりした曇り空 寒いくらいの1日

ハーブティーを頂きました

f:id:anika12245:20190610094952j:plain

f:id:anika12245:20190610095018j:plain

リコリスと乾燥生姜のお茶です😃

古いマンションですが プール付きで、裏山からは鳥の美しい鳴き声が…

海の浄化作用と山の癒し

のんびりとした良い所だなぁ~



f:id:anika12245:20190610101523j:plain

ケフィア種箘

f:id:anika12245:20190605204523j:plain

一年以上冷凍庫に保管していたケフィアの種箘を解凍して
ヨーグルトを作り始めました。


f:id:anika12245:20190605202451j:plain

生きていればトロリとしたヨーグルトができるはず

f:id:anika12245:20190605202558j:plain

種箘の五倍位の牛乳を入れ 軽くラップして

この時期だと1日位で出来上がります

f:id:anika12245:20190605202816j:plain

できれば数回揺すると出来がよくなります

f:id:anika12245:20190605203004j:plain

f:id:anika12245:20190605203026j:plain

生きてました❗

ザルで種箘を潰さないように濾して 再び牛乳を入れて…

暑くなると酸味が増してきます

ケフィアは正式にはヨーグルトとは違うものらしく

酵母や数十種類の箘で出来ています

昔らくだの皮で作った袋に入れて玄関にぶら下げていたそうです

出入りで揺すられて作るのがほどよかったのでしょう。

どんどん増えますよ!





人生が変わる! ケフィア生活 乳酸菌と酵母のW発酵パワー!

人生が変わる! ケフィア生活 乳酸菌と酵母のW発酵パワー!

シンプルヒューマン ゴミ箱

f:id:anika12245:20190602104200j:plain

触らなくても手をかざすと開き 自動的に閉じるゴミ箱を事務所に買いました

見た目は以前のポリタイプより容量が多いのに一回り小さい

電池式です

f:id:anika12245:20190602104420j:plain

中に内箱があり取り出せます

感染症対策にもなるでしょう


これ空気清浄機?なんて聞く人も!

静かにゆっくり開き ゆっくり閉まるので、わからなくて 無理やり開けようとする人もいました


ゴミ箱とはいえ美しいです😃






白い巨搭

f:id:anika12245:20190528152510j:plain

先日放送されたものは見逃してしまった

中学生の時に見た田宮二郎さんの白衣姿がいまだに目に焼き付いている

私の中では彼以上の財前五郎はいない
毎週家族で食い入るように見ていたドラマ

愛人役の太地喜和子さんは母性と狂喜をも感じさせる大人の女
カッコいい演技だった

彼女のセリフで

流した汗を返してよ

と言うシーンが忘れられない

また柳原内科医の怯えた演技も素晴らしく
右往左往して真実を語るまでの冷や汗流れる様子は
イライラ ドキドキさせられた


実生活でも追い詰められていた田宮二郎さん

ただ者ではないない40代にしては深い眉間のシワ

演技は命がけだったのだろう
追い詰められたような眉間のしわに迫力を感じていた。

また島田陽子さんの美しい着物姿で里見とすれ違うシーンには見惚れたものでした



数々の名セリフを残したドラマだった


最終回 大学病院の廊下を白い布に包まれて運ばれる財前五郎

全ての放送がすむ前に自殺してしまった田宮二郎さん


モーツァルトのレクイエムが流れる中 白い布に包まれて 院内を運ばれるシーンは家族で泣きました


まだ中学生だった私は 死ぬ事がこんなに悲しく 本当に恐ろしい事なんだと感じていたものでした






f:id:anika12245:20190530092633j:plain